青柳碧人さんの「浜村渚の計算ノート」を読みました

0

    こちらもブックオフの100円のオススメコーナーにあった本です。数学を題材にしたミステリーということです。のちにマンガにもなったようですね。

    章がlog10log100log1000とあり、項目が√1、√4、√9となっていて、そこからして遊び心のある作品となっています。

    内容は、数学をないがしろにする世の中に腹を立てた数学の第一人者がテロを起こすという奇想天外なものです。そして、それに立ち向かうのが、数学の天才である浜村渚という女子中学生です。

    おそらく中学生ぐらいを対象に描いていると思われ、事件や逮捕劇など、なにごともアッサリと表現されていて、オジサンが読むには、少々、物足りなさを感じますが、きっと中学生ぐらいにはちょうど良いんでしょうね。個人的には、たぶん物足りなさの反動からだと思いますが、この本を読んだ後に、無性に純文学が読みたくなりました(笑)

     

    こちらのホームページもご覧下さい⇒いつでも北海道に行きたい!

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 大船のパン屋「テッコナ」
      okka
    • 大船のパン屋「テッコナ」
      かな
    • NZ旅行2018-2019【準備編】その他の準備
      okka
    • NZ旅行2018-2019【準備編】その他の準備
      さやか
    • NZ旅行2018-2019【準備編】その他の準備
      okka
    • NZ旅行2018-2019【準備編】星が見られるか?
      okka
    • NZ旅行2018-2019【準備編】その他の準備
      さやか
    • NZ旅行2018-2019【準備編】星が見られるか?
      さやか
    • NZ旅行2018-2019【準備編】星が見られるか?
      okka
    • NZ旅行2018-2019【準備編】星が見られるか?
      さやか

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:2198 最後に更新した日:2019/03/19

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM