池井戸潤さんの「最終退行」を読みました

0

    またまた池井戸さんの本です。ちなみに、この後も、池井戸さんの本を読んでいます(笑)。

    この小説は、比較的、初期の作品で、その後の半沢シリーズにつながる要素を含んでいるように感じました。主人公は、銀行員で、銀行の中に正義と悪があるという構図だったり、小規模の会社は銀行の都合で簡単に融資を打ち切られてしまうという点だったり。ちょっと変わっているのは、「M資金」と呼ばれる徳川埋蔵金のような財宝が登場する点です。私は、それまでM資金なるものを知らなかったのですが、ネットで調べてみると、終戦直前に旧日本軍が東京湾に隠匿していた大量の貴金属などが、そう呼ばれているようです。そして、その存在をチラつかせた詐欺事件が、過去に何度もあったようで、この小説でも、過去の詐欺事件を紹介するところから話が始まります。

    半沢シリーズやその後の作品に比べると、扱う題材の規模が大きかったり、「いくらなんでも、そこまでやるか?」という点があり、スケールが壮大すぎるなぁという印象を持ちました。

     

    こちらのホームページもご覧下さい⇒いつでも北海道に行きたい!



    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 少しは取り戻したぞ!
      okka
    • 少しは取り戻したぞ!
      アムガーウヌボルト
    • 昨日の横浜の雷はすごかった
      okka
    • 昨日の横浜の雷はすごかった
      リバー
    • 札幌のパン屋「どんぐり」
      okka
    • 札幌のパン屋「どんぐり」
      River
    • 札幌のパン屋「プルマンベーカリー」
      okka
    • 札幌のパン屋「プルマンベーカリー」
      river
    • 阪東橋のパン屋「808ベーカリー」
      okka
    • 阪東橋のパン屋「808ベーカリー」
      たいら

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:1740 最後に更新した日:2017/12/16

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM