パンに含まれる危険物質

0

    先日、たまたま週刊新潮の新聞広告が目にとまりました。

     

    「食べてはいけないパンの危険物質」

    「スーパー・駅ナカのチェーン店に盲点 リトルマーメイド・ヴィドフランス・神戸屋・サンジェルマン」

     

    気になりますよね?ということで週刊新潮(6/6号)を買って読んでみました。

    危険物質というのは、トランス脂肪酸のことで、その含有量をパンの種類ごと、お店ごとに比較していました。登場するパンの種類は、クロワッサン、クリームパン、メロンパン、カレーパン、あんぱん、コッペパン、デニッシュ、ドーナツ、アップルパイ、シナモンロール、コロネ、ソーセージパンです。登場するお店は、リトルマーメイド、ヴィドフランス、ポンパドウル、アンデルセン、神戸屋、サンジェルマン、山崎製パン、敷島製パン、フジパン、セブン&アイホールディングス、イオンです。このうち、イオンは全ての項目で「非公表」となっていました。

    「だったら載せなくていいんじゃないの?」

    と思いますが、「取材に協力しなかったから見せしめだ!」というつもりなのでしょうか。

    リトルマーメイドとアンデルセンは系列会社ですが、同じ種類のパンでも数字が異なる場合もあるようで、作り方が違うのでしょうかね。

    パンの種類ごとにトランス脂肪酸の平均値を集計した結果、ワースト1位がデニッシュ、2位がアップルパイ、3位がメロンパンとのことです。まぁ、なんとなく、そう言われてみれば、そうかもしれないなぁという気がしますよね。ちょっと意外だったのがクロワッサンが8位とのこと。さすがにクロワッサンは植物性油脂じゃなくて、バターを使っているということでしょうかね。

    世界に目を向けると、トランス脂肪酸の表示を義務付けているところも多いそうで、それが義務付けられていない日本は、まだまだダメですねということが書いてありました。一方で、各社とも、トランス脂肪酸を減らす方向に動いているとのこと。

    パンの含まれる物質で体に悪そうなのは、トランス脂肪酸だけじゃないような気もするので、それだけ取り上げて比較するというのもどうかとは思いますが、「なるほどなぁ」という点もあり、勉強になりました。

     

    こちらのHPもご覧下さい⇒いつでも北海道に行きたい!

     



    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ヴォィジュが閉店!?
      okka
    • ヴォィジュが閉店!?
      TomTom兄やん
    • 大船のパン屋「テッコナ」
      okka
    • 大船のパン屋「テッコナ」
      かな
    • NZ旅行2018-2019【準備編】その他の準備
      okka
    • NZ旅行2018-2019【準備編】その他の準備
      さやか
    • NZ旅行2018-2019【準備編】その他の準備
      okka
    • NZ旅行2018-2019【準備編】星が見られるか?
      okka
    • NZ旅行2018-2019【準備編】その他の準備
      さやか
    • NZ旅行2018-2019【準備編】星が見られるか?
      さやか

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:2301 最後に更新した日:2019/06/30

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM