西村京太郎さんの「男鹿・角館 殺しのスパン」を読みました

0

    夏目漱石の「こころ」と一緒にブックオフで購入しました。重い小説を読んでいると、心もドヨ〜ンと沈んでしまうので、軽い気持ちで読める本とあわせて読んで、心のバランスを取らねば(笑)

    内容は、東京で殺人事件が起き、その事件現場である部屋の住人が秋田出身だということで、いろいろ調べに十津川警部とカメさんが、秋田へ向かいます。そして、主に秋田を舞台として謎解きが始まります。

    読み手側は、あまり頭を使うことなく、サラッと読めてしまうのが、西村さんの小説の良いところです。この小説もそうでした。が、久しぶりに読んでいて思いだしたのですが、昔の西村さんの小説は、犯人が列車を途中下車して、目的を達した後、別の交通手段で先回りして、また元の列車に乗る みたいなアリバイ工作を十津川警部が見破るというのが醍醐味で、その舞台となる場所は全国のあらゆる場所でした。今は、単に(と言うと御幣があるかもしれませんが)、事件の場所が全国各地であり、電車はそこまでの交通手段として登場する程度だなぁと。きっと昔は寝台列車がいっぱい走っていたので、いろんなトリックを考えやすかったのでしょうけど、今は、それが難しいのかなぁとか、「それって、携帯電話があったら成り立たないじゃん!」というアリバイ工作が増えてきたということもあるのかもしれないなぁと思いました。それはそうと、この小説を読んでいて、十津川警部が40歳という設定だったことが判明し、「自分より年下だったんだ・・・」という若干のショックを受けたのでした。

     

     

    こちらのホームページもご覧下さい⇒いつでも北海道に行きたい!

     



    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 大黒摩季さんのライブ「Higher Higher 中年よ熱くなれ!!Greatest Hits+」
      okka
    • 大黒摩季さんのライブ「Higher Higher 中年よ熱くなれ!!Greatest Hits+」
      伍長
    • 快適な睡眠のためのアプリ「Sleep Cycle」
      okka
    • 快適な睡眠のためのアプリ「Sleep Cycle」
      アムガー ウヌボルド
    • 大船のパン屋「ブーランジェリー テッコナ」
      okka
    • 大船のパン屋「ブーランジェリー テッコナ」
      かな
    • 少しは取り戻したぞ!
      okka
    • 少しは取り戻したぞ!
      アムガーウヌボルト
    • 昨日の横浜の雷はすごかった
      okka
    • 昨日の横浜の雷はすごかった
      リバー

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:1953 最後に更新した日:2018/07/17

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM