重松清さんの「その日のまえに」を読みました

0

    短編集です。死に行く人、その家族や友人、それぞれの気持ちを描いた切ない作品です。はじめは、それぞれ別々の作品だったものを、文庫化にあたり、それぞれの短編を関連させるなど手を加えたそうです。

    亡くなる人は、10代だったり、40代だったり、まだ死ぬには早過ぎる年齢です。それだけに当人、そして、その家族も、その事実を受け入れ難いことは共通していますが、精神を病んでしまったり、故人の想い出が薄れ行くことにとまどいを感じながら生きて行ったり、残された人の様々な人生が描かれています。

    自分も、そろそろ、そういう場面に遭遇することが増えてくる年齢に差し掛かってきているので、「自分だったら」ということを、とても意識しながら読みました。おそらく、読む年齢によって感じ方も違うんでしょうね。

     

    こちらのホームページもご覧下さい⇒いつでも北海道に行きたい!

     



    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 昨日の横浜の雷はすごかった
      okka
    • 昨日の横浜の雷はすごかった
      リバー
    • 札幌のパン屋「どんぐり」
      okka
    • 札幌のパン屋「どんぐり」
      River
    • 札幌のパン屋「プルマンベーカリー」
      okka
    • 札幌のパン屋「プルマンベーカリー」
      river
    • 阪東橋のパン屋「808ベーカリー」
      okka
    • 阪東橋のパン屋「808ベーカリー」
      たいら
    • 安曇野のスープカレー屋「ハンジロー」
      okka
    • 安曇野のスープカレー屋「ハンジロー」
      伍長

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:1680 最後に更新した日:2017/10/17

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM